真珠郎

横溝正史の『真珠郎』を読みました。むかしから横溝正史は好きな作家ですが、しかし『真珠郎』は気になりつつも未読でした。金田一耕助シリーズでないことが理由です。ところがいざ読んでみるとこれが、絶世の美青年/元遊郭だった屋敷/謎めいた蔵……と、興味を惹かれる要素がいっぱいで、どうしてもっと早く読まなかったのだろうと思いました。傑作と言われ、この作品自体の根強いファンが多いのも納得です。

ちなみに金田一シリーズ以外は全く読んでいないかというと決してそうではなくて、「お役者文七」も好きです。こちらは江戸の町を舞台にした捕物帳です。それまで時代モノはなんとなーく手に取りにくいジャンルでしたが、殺人事件/官能/陰謀とこれまた好きな要素が盛りだくさんで、読みだしたら止まらなくなります!もしかしたら金田一よりも好きかもしれません。
横溝作品はおそらくどれを読んでも好みに刺さりそうなので、この機会に更にシリーズを問わず読みたい熱が高まっています。中でもとくに気になっているのは「人形佐七捕物帳」です。

タイトルとURLをコピーしました